弊社DIAEDGE製品の国内価格改定について

2022年7月20日

お客様各位

 切削工具の主原材料であるタングステンは世界的な需要の高まりによって相場指標となるAPT(パラタングステン酸アンモニウム)の価格高騰が続いており、他の原材料であるコバルトでも同様の状況となっております。これに加え、鋼材価格、原油・電力等のエネルギー価格、物流費・副資材費も上昇の一途を辿っております。

 かかる環境下、様々な業務効率化・合理化によりコスト削減に尽力して参りましたが、各種価格高騰によるコスト上昇を自助努力だけで解決することは難しく、製品の安定供給とサービスの維持・向上を図るために、国内価格改定を実施することと致しました。

 何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

1.改定率

  標準品   超硬製品(インサート、ドリル、エンドミル、標準バイト等)  +10%
  CBN・PCD製品  +10%
  ハイス製品 ドリル(VAドリル除く)  +15%
        VAドリル  + 5%
        エンドミル  +25%
  その他(超硬素材を使用しないホルダ等)  +10%
  特殊品   都度見積と致します。


2.実施時期

  2022年10月1日受注分より

以上
(問合せ先:加工事業カンパニー 営業本部 国内営業部)

SNSで送る
トップページへ