MMTシリーズのシートの選び方

逃げ角とリード角

逃げ角とリード角

ねじは、径とピッチの関係によりリード角(α)が生じます。そのため、ねじを加工する場合、リード角、及び両側面の逃げ角(β1、β2)が等しくなるようシート、もしくはホルダを選択する必要があります。
MMTバイトは標準的なねじ加工でシート、もしくはホルダを交換する必要がありません。しかし、小径ねじや大ピッチのねじを加工する場合、以下の表とグラフを参考に、リード角に応じてシート、もしくはホルダを交換してください。また、左ねじ加工では傾き角が負(-)のシートに交換してください。

リード角対応表(ねじ山角度60°及び55°)

リード角対応表

リード角対応グラフ(ねじ山角度60°及び55°)

右ねじ加工

右ねじ加工

左ねじ加工

左ねじ加工

注) ねじのリード角≦工具の逃げ角となる場合は、インサートの側面が干渉しますので必ずシートを交換してください。
(ねじのリード角と工具の逃げ角の算出については右下を参考にしてください。)

リード角対応表(ねじ山角度30°及び29°)

リード角対応表

注 左ねじは引き加工になります。

リード角対応グラフ(ねじ山角度30°及び29°

右ねじ加工

右ねじ加工

左ねじ加工

左ねじ加工

注) ねじのリード角≦工具の逃げ角となる場合は、インサートの側面が干渉しますので必ずシートを交換してください。
(ねじのリード角と工具の逃げ角の算出については右下を参考にしてください。)

シート選定表

シート選定表

注 左ねじは引き加工になります。

切削するねじのリード角とシート傾斜角の差が
  ねじ山の角度が60° (55°)の場合は 2.5°~0.5°
  ねじ山の角度が30° (29°)の場合は 2°~1°
程度に入るように、シート交換を行ってください。
*標準シートのシート傾斜角は 0°となっています。
*ホルダに 1.5°のリード角が付いています。

シート選定方法例

・切削するねじのリード角が2.2°のとき
 1. 60°ねじの場合
  (リード角2.2°)-(2.5°~0.5°)=-0.3°~1.7°のシート傾斜角が適切です。
  標準シート(シート傾斜角 0°)でも切削可能ですが、シート規格表よりシート傾斜角 1°のシートへの交換を推奨します。
 2. 30°ねじの場合
  (リード角2.2°)-(2°~1°)=0.2°~1.2°のシート傾斜角が適切です。
  シート規格表よりシート傾斜角 1°のシートへ交換してください。

ねじリード角の計算方法

ねじリード角の計算方法

ホルダにセットした状態でのインサート逃げ角

ねじ山の角度 内径逃げ角 外径逃げ角
60° 8.8° 5.8°
55° 7.9° 5.2°
30° 4.1° 2.7°
29° 2.6°
SNSで送る
トップページへ