GYシリーズ/端面用 選択上の注意点

本体の選択に関する注意点

モジュラーブレード選択の注意点1

端面用モジュラーブレードは、最初に加工する端面溝の外径が、規格表に記載のDAXN(最小)とDAXX(最大)の範囲に入るように選択してください。

モジュラーブレード選択の注意点

モジュラーブレード選択の注意点2

モジュラーブレード選択の注意点

加工に合わせて、なるべく短いモジュラーブレードを選択してください。

モジュラーブレード選択の注意点3

モジュラーブレード選択の注意点

•モジュラーブレードは、加工する部位の最大径にあわせて選択してください。
•加工は、外周側から中心側に向けて行ってください。

•この方が下アゴの背が高く強度に優れるモジュラーブレードを使用できるため、より安定した加工が可能となります。


最初に端面へ溝入れ加工を行ってしまえば、以後の加工では径の制約はありません。

モジュラーブレード選択の注意点

モジュラー型ホルダ選択の注意点

モジュラー型ホルダ選択の注意点

取り付け剛性確保のため、できるだけ大きなシャンクサイズのモジュラー型ホルダを選択してください。

工作機械にセットする際の注意点

刃先高さの設定

刃先高さの設定

•刃先高さは、被削材の中心軸に対して±0.1mmにセットしてください。
•刃先高さのチェックは、小切込みで中心まで横送り加工を行い、中心部にヘソが残らないことを確認することで実施できます。

モジュラーブレードが溝側面と干渉する場合

モジュラーブレードが溝側面と干渉する場合

適正なモジュラーブレードを使用しても溝側面と干渉する場合、刃先高さがずれている可能性があります。
点検、修正してください。

モジュラーブレード内側が干渉する→刃先高さが上がっている
モジュラーブレード外側が干渉する→刃先高さが下がっている

本体セット角度

本体セット角度

インサートが被削材の中心軸に対して平行になるようにセットしてください。

オーバーハング

オーバーハング

本体のオーバーハングは最小になるよう、また上図のように段になっている部分を避けて、工作機械にセットしてください。

SNSで送る
トップページへ