ディンプルバーの特長

シミュレーション解析から生まれた高剛性+軽量ヘッド形状。
たわみ防止と振動減衰効果でびびりをシャットアウト。

ディンプルバーの特長

たわみ防止効果

たわみ防止効果

ディンプルによる独自の断面形状が切削力(主分力・背分力)
をバランスよく受け止め、たわみを17%減少させました。

ボーリングバー たわみ量
ディンプルバー 28.3μm
従来品 34μm

振動減衰効果

ディンプルバー

ディンプルバー
ヘッド部重量 振動停止時間
49.7g 15.8ms

ヘッドの軽量化が切削時の振動を軽減させ、効果を発揮します。


従来品

従来品
ヘッド部重量 振動停止時間
70.1g20ms

* 上記シミュレーションはFSCLP1816R-09Sのホルダでl/d=5、切込み=0.5mm 送り=0.05mm/rev、の加工を想定したものです。

CCG/MT・CPG/MT・CPMX・TPG/MXインサートのご使用について

ディンプルバーはクランプねじを変更することによって下表のインサートを使用することができます。

CCG/MT・CPG/MT・CPMX・TPG/MXインサートのご使用について
SNSで送る
トップページへ