ジャストフィットスリーブ

ドリル性能を100%発揮させる専用スリーブ(MVXドリル、TAFドリル)
0.1mm毎のドリル径設定でジャストフィット
ドリルシャンク部に取り付けることにより、ドリル回転軸をわずかに偏心させます。
これにより、加工する穴径を拡大することができます。(拡大範囲0.1~0.5mm)

ジャストフィットスリーブ

選定目安

狙い穴径=(ドリル呼称径+ジャストフィットスリーブ径)+0.1

(例)Φ20.3の穴をあけたい(拡大代0.1とした場合)

選定目安

(注)拡大代は切削諸条件によって変化する場合があり、上記の選定基準はあくまでも目安です。

スリーブの購入方法

購入1
基本的には切削諸条件で拡大代が変わるなどのこともありセット品のご購入を推奨します。
購入の際は「セット呼び記号」でご注文ください。(5個セット品)

購入2
単品販売もいたします。単品呼び記号でご注文ください。

ジャストフィットスリーブの使用方法

1  サイドロックホルダに挿入する際、ドリルフランジ外周面のV溝とスリーブフランジ外周面の丸穴およびサイドロックホルダのドリル固定用ねじの位置を合わせてセットしてください。
(なお、ドリルによっては、V溝のないものがありますので、その場合はドリルシャンク部の切欠き面をスリーブの丸穴に合わせてセットしてください。)

2  サイドロックホルダのドリル固定用ねじAは、スリーブの開口窓から直接ドリル本体を固定してください。

<注意>
・スリーブでは径の微調整は行えません。
・コレットチャック式のホルダにはご使用できません。

ジャストフィットスリーブの使用方法

MVXドリルの使用方法

旋盤使用の場合

旋盤使用の場合

(1) 外刃が刃物台傾斜面(機械X軸)と平行になるようにセットしてください。ドリル中心と機械主軸中心を合せた場合、内刃の芯高が0~0.15mm芯下がりになるようにドリルは設計されています。

※内刃の芯高が機械X軸よりも芯上がりになると、内刃が欠損する恐れがあります。

旋盤使用の場合2

(2) オフセットで穴径を調整する場合は、X軸のプラス方向(穴径拡大方向)に調整してください。各ホルダの最大調整量はホルダ寸法表に併記しておりますので、そちらをご参照ください。

※ X軸のマイナス方向(穴径縮小方向)への調整は、ホルダと穴が干渉する恐れがありますので推奨いたしません。

旋盤使用の場合3

(3) 旋盤で通し加工を行う場合、貫通時に円盤状の切りくずが生成され飛散することがあります。汎用旋盤などのカバ
ーのないものは、危険防止のためカバーなどを取付けてください。

TAFドリルの使用方法

TAFドリルの使用方法

•充分に剛性のある機械やホルダをご使用ください。

•切削油剤の油圧や吐出量は下表を目安にしてください。
切削油はドリルの性能を発揮するための重要な条件です。

•重ね板加工には使用できません。
刃先交換式ドリルは、貫通時に円盤状の切りくずが生成されます。
この円盤状の切りくずが重ね板加工において、ドリルの破損につながります。

旋盤使用の場合

旋盤使用の場合 TAF

(1) 内刃の芯高は0~0.2mm芯下がりにしてください。

旋盤使用の場合 TAF2

(2) オフセットで穴径調整する場合は、外刃が刃物台傾斜面(機械×軸)と平行になるようにセットしてください。

(3) 穴径拡大調整のオフセット量はドリル径の2%以内でご使用ください。なお、穴径縮小調整はできません。

旋盤使用の場合 TAF3

(4) 旋盤で通し加工を行う場合、貫通時に円盤状の切りくずが生成され飛散することがあります。汎用旋盤などのカバーのないものは、危険防止のためカバーなどを取付けてください。

SNSで送る
トップページへ