ドリルの摩耗状態・切れ刃の損傷

ドリルの摩耗状態

ドリル刃先の摩耗には、下図のようなものがあります。摩耗の発生や量は、被削材や切削条件によって異なりますが、通常、外周摩耗が最も大きく、これがドリル寿命を支配しています。再研削は先端の逃げ面摩耗を研ぎ落とすため、欠損の大きな損傷があるときは、再研削量も大きくとる必要があります。

ドリルの摩耗状態

We : チゼルエッジ摩耗幅

Wf : 逃げ面摩耗幅(切れ刃中央)

Wo : 外周コーナ摩耗幅

Wm : マージン摩耗幅

Wm' : マージン摩耗幅(リーディングエッジ)

切れ刃の損傷

ドリリングを行うとドリルの刃先にチッピングや欠損、異常摩耗が発生することがあります。そのような場合、拡大観察して要因を究明し対策をとることが重要です。

切れ刃の損傷

損傷写真の見方

SNSで送る
トップページへ