ドリルの各部の名称、形状諸元と切削特性

ドリルの各部の名称

ドリルの各部の名称

形状諸元と切削特性

形状諸元と切削特性

先端切れ刃形状の変更と効果

ドリルの先端切れ刃形状は最適な先端角を維持して、下表のように被削材、求められる穴の精度、再研削の容易性により変更することができます。

代表的な先端切れ刃形状

代表的な先端切れ刃形状

シンニング

ドリル切れ刃のすくい角は、ドリル中心部に近づくほど小さく、チゼルエッジ部分では負のすくい角になります。切削時のドリル中心部は、被削材を押しつぶすようになり切削抵抗の50~70%を発生させています。ドリルの切削抵抗の低減とチゼルエッジ部で生成された切りくずの早期排除および食い付き性の向上のために、シンニングが非常に効果があります。

シンニング

ドリル加工の切りくず

ドリル加工の切りくず
SNSで送る
トップページへ