Aerospace

AIR FRAME

1. 穴あけ加工

炭素繊維が高強度であるため工具寿命が極端に短く、また、積層体構造であるために切削加工時にデラミネーション(層間剥離)やバリなどが発生しやすい複合材加工では、耐摩耗性の高いコーティングを施した工具を使用することが有効である。
複合材加工用ドリル”MCシリーズ”(標準品/受注生産品)、S-TAWドリル(非在庫品)は、CVDダイヤモンドコーティングと最適な切れ刃形状によりバリやデラミネーションの発生を低減。長寿命で高品位な加工が可能となった。
PCDドリル(非在庫品)は、PCD一体焼結技術と最適な切れ刃形状によりバリやデラミネーションの発生を低減。長寿命で高品位な加工が可能となった。

1. MCシリーズ
1. MCシリーズ

(リーフレット P713J)

PDF(4.47 MB)
1. S-TAWドリル
1. S-TAWドリル

(非在庫インサート)

1. PCDドリル
1. PCDドリル

(非在庫品)

aerospace_air_frame_2.png

1. トリミング加工

炭素繊維が高強度であるため工具寿命が極端に短く、また、積層体構造であるために切削加工時にデラミネーション(層間剥離)やバリなどが発生しやすい複合材加工では、耐摩耗性の高いコーティングを施した工具を使用することが有効である。
DFCエンドミルは、CVDダイヤモンドコーティングと最適な切れ刃形状によりバリやデラミネーションの発生を低減。長寿命で高品位な加工が可能となった。

1. DFCエンドミル
1. DFCエンドミル

(ツールズニュース B189J)

PDF(639.71 KB)
aerospace_air_frame_3.png

1. 平面加工、ポケット加工

被削材の90%以上を切りくずとして排出するリブの加工では、コストダウンのため高速・高能率加工が求められる。
AXDシリーズは、ねじれ逃げ面を採用し逃げ角の最適化を図ることにより、切れ刃強度を下げることなく低抵抗刃形を実現。 また、凸形状切れ刃により切りくず排出性も良く、高速・高能率加工が可能となった。
ALIMASTERシリーズは、独自の工具断面形状により切りくず排出性が良く、高速・高能率加工が可能となった。
ヘッド交換式エンドミルiMXアルミニウム合金加工用ヘッドは、すくい角を大きくした刃形の採用と鏡面処理により溶着の発生を抑え、高能率加工が可能となった。

1. AXDシリーズ
1. AXDシリーズ

(ツールズニュース B116J)

PDF(2.06 MB)
1. ALIMASTER
1. ALIMASTER

(ツールズニュースB118J)

PDF(1.32 MB)
1. ヘッド交換式エンドミル iMXシリーズ
1. ヘッド交換式エンドミル iMXシリーズ

(ツールズニュースB200J)

PDF(2.77 MB)

1. 側面加工、ポケット部荒加工

チタン合金の荒加工では、切りくずが鋸歯状に生成される過程で切削抵抗が変動するため、低剛性の切削工具を使用すると切れ刃のチッピングや欠損などの異常損傷が発生しやすい。剛性が高く切削抵抗を低減させる工具の使用が有効である。
VFXシリーズは、インサート縦置き配置とV字拘束面により剛性が高く、曲線切れ刃によって切削抵抗を低減させるので、安定加工が可能となった。

1. VFXシリーズ
1. VFXシリーズ

(ツールズニュース B182J)

PDF(1.97 MB)
aerospace_air_frame_5.png

1. 平面加工、側面加工

チタン合金の荒加工では、切りくずが鋸歯状に生成される過程で切削抵抗が変動するため、高送り荒加工でチッピングや欠損の発生が懸念される。
積層構造コーティングで高い耐欠損性を有する新材種MP9130と低切削抵抗のJLブレーカの組み合わせにより、安定した高送り荒加工が可能となった。

2. 穴あけ加工

析出硬化系ステンレス鋼15-5PHの穴加工事例。
航空機部材として多く用いられている15-5PHは、高強度であるため切れ刃のチッピングや欠損などの異常損傷が発生しやすい。
MMSドリルは、最適な切れ刃形状と優れたコーティング性能により、安定加工が可能となった。

3. ポケット部荒加工

航空機部材として多く用いられている15-5PHは、高強度であるため切れ刃のチッピングや欠損などの異常損傷が発生しやすい。
APXシリーズは、最適な切れ刃形状と優れたコーティング性能により、安定加工が可能となった。

1. AJXシリーズ
1. AJXシリーズ

(ツールズニュース B028J)

PDF(1.82 MB)
2. MMSドリル
2. MMSドリル

(ツールズニュースB180J)

PDF(935.27 KB)
3. APXシリーズ
3. APXシリーズ

(ツールズニュースB055J)

PDF(2.98 MB)
aerospace_air_frame_6.png

1.側面加工、ポケット加工

熱伝導率が小さく、刃先に熱が集中、溶着が発生しやすいチタン合金の加工では、切削部の熱を効率的に除去し、切りくずをスムースに排出することが重要である。
Coolstarシリーズは、マルチクーラントホールと独自の溝形状によって、優れた冷却効果と切りくず排出性が得られ、難削材加工でも安定加工が可能となった。

1. Coolstarシリーズ
1. Coolstarシリーズ

(ツールズニュース B171J)

PDF(1.44 MB)
Page Top

ENGINE

1. 外径・端面・内径加工

Ni基合金加工でのMP9015中荒加工事例。
MP9015はNi基合金加工では低速領域にて適用する。

2. 倣い加工

Ni基合金加工においては切れ味の良い刃形が不可欠である。
切れ味の良い低送り加工用GSブレーカの使用で切削抵抗を減少させ、寿命延長を図る。

1. HSK-Tツール
1. HSK-Tツール

(ツールズニュース B134J)

PDF(3.73 MB)
1. LS / MS / RS
1. LS / MS / RS

MP9005 / MP9015 / MT9015

PDF(1.39 MB)
2. GYシリーズ
2. GYシリーズ

(ツールズニュースB140J)

PDF(10.98 MB)

1.ヘリカル穴あけ加工/側面倣い加工

ヘリカル穴あけ加工での事例。エンジンケース外周穴加工において、ヘリカルアプローチによる外周側穴あけ加工が可能である。また、外周側倣い加工においても良好な加工性能が得られる。

2.突起部上面加工

熱伝導性が悪く、加工硬化が生じやすいなどの難削性を持つNi基合金の加工では、バランスの良い刃形と優れたコーティング材種が必要である。
APXシリーズは、最適化した切れ刃形状と新材種インサートにより、大幅な寿命延長が可能となった。

3.穴あけ加工

Ni基合金の穴加工はいかに刃先を冷却するかがポイントである。
TRI-Coolingテクノロジーを採用した冷却効果に優れるソリッドドリルを使用することと、高圧クーラントを用いることで工具寿命が大幅に延長可能となる。

1. ARX
1. ARX

(ツールズニュースB066J)

PDF(1.25 MB)
2. APXシリーズ
2. APXシリーズ

(ツールズニュース B055J)

PDF(2.98 MB)
3. MMSドリル
3. MMSドリル

(ツールズニュースB180J)

PDF(935.27 KB)
aerospace_engine_3.png

1. 形状部倣い加工

熱伝導性が悪く、加工硬化が生じやすいなどの難削性を持つNi基合金の加工では、バランスの良い刃形と優れたコーティング材種が必要である。
スマートミラクル制振ボールエンドミルは、不等分割切れ刃と新開発R切れ刃形状により、びびり振動の発生を抑制し、安定加工が可能となった。

1. SMART MIRACLE
制振ボールエンドミル
1. SMART MIRACLE 制振ボールエンドミル

(ツールズニュース B197J)

PDF(1.66 MB)

1. 形状部倣い加工

熱伝導率が小さく刃先に熱が集中する特性に加え、加工面にむしれが生じやすいTiAl合金の加工では、スムーズな切りくず排出と切削熱の効率的な除去が重要である。スマートミラクルエンドミルシリーズは、独自の表面処理技術によるコーティング膜の平滑化とシャープな切れ刃の両立により、安定した加工が可能となった。

1. SMART MIRACLE
エンドミルシリーズ
1. SMART MIRACLE エンドミルシリーズ

(ツールズニュース B197J)

PDF(1.66 MB)

1. 外径・端面・内径加工

チタン合金仕上げ加工における切削速度展開での工具寿命概算は、80m/minで120分、120m/minで約60分が目安である。工具材種はノンコート品が第一推奨である。

1. HSK-Tツール
1. HSK-Tツール

(ツールズニュース B134J)

PDF(3.73 MB)
1. LS / MS / RS MT9015
1. LS / MS / RS MT9015

(ツールズニュースB214J)

PDF(1.39 MB)

1. 外径・端面・内径加工

シャフトに使用されるマルエージング鋼加工における、粗工程での加工事例。通常CBN材種の適用が主流であるが、比較的高硬度領域におけるVP05RT適用成功事例である。

1. HSK-Tツール
1. HSK-Tツール

(ツールズニュース B134J)

PDF(3.73 MB)
1. FJ / MS / GJ
VP05RT / VP10RT
1. FJ / MS / GJ VP05RT / VP10RT

(ツールズニュースB036J)

PDF(1.25 MB)
Page Top

LANDING GEAR

aerospace_landing_gear.png

1. 穴あけ加工

熱伝導率が小さく、刃先に熱が集中、溶着が発生しやすいチタン合金の加工では、切削部の熱を効率的に除去し、切りくずをスムースに排出することが重要である。 MNSドリルは、独自のクーラント穴配置と最適な溝形状により、優れた冷却効果と切りくず排出性が得られ、チタン合金の穴加工でも安定加工が可能となった。

2. 形状部倣い加工

切りくずが鋸歯状に生成される過程で切削抵抗が変動し、びびり振動が発生しやすいチタン合金の倣い加工では、制振タイプの工具が有効である。 スマートミラクル制振ボールエンドミルは、不等分割切れ刃と新開発R切れ刃形状により、びびり振動の発生を抑制し、安定加工が可能となった。

3. 形状部荒加工

チタン合金の荒加工では、切りくずが鋸歯状に生成される過程で切削抵抗が変動するため、低剛性の切削工具を使用すると切れ刃のチッピングや欠損などの異常損傷が発生しやすい。剛性が高く切削抵抗を低減させる工具の使用が有効である。 VFXシリーズは、インサート縦置き配置とV字拘束面により剛性が高く、曲線切れ刃によって切削抵抗を低減させるので、安定加工が可能となった。

1. MNSドリル
1. MNSドリル

(ツールズニュースB135J)

PDF(970.03 KB)
2. SMART MIRACLE
制振ポールエンドミル
2. SMART MIRACLE 制振ポールエンドミル

(ツールズニュース B197J)

PDF(1.66 MB)
3. VFXシリーズ
3. VFXシリーズ

(ツールズニュース B182J)

PDF(1.97 MB)

1.ポケット部荒加工

チタン合金の荒加工では、切りくずが鋸歯状に生成される過程で切削抵抗が変動するため切れ刃のチッピングや欠損などの異常損傷が発生しやすい。
APXシリーズは、ユニークな凸形状切れ刃を持つ低抵抗インサートと内部クーラント穴を標準装備した高剛性ボディにより、安定加工が可能となった。

2.ポケット部仕上げ加工

切りくずが鋸歯状に生成される過程で切削抵抗が変動するため、びびり振動が発生しやすいチタン合金の仕上げ加工では、制振タイプの工具が有効である。
ヘッド交換式エンドミルiMXシリーズは、制振刃形の採用により、びびり振動の発生を抑制し、切りくず排出性も良く、安定加工が可能となった。

1. APXシリーズ
1. APXシリーズ

(ツールズニュース B055J)

PDF(2.98 MB)
2. ヘッド交換式エンドミル
iMXシリーズ
2. ヘッド交換式エンドミル iMXシリーズ

(ツールズニュースB200J)

PDF(2.77 MB)
2. ヘッド交換式エンドミル
iMXシリーズ
2. ヘッド交換式エンドミル iMXシリーズ

(ツールズニュースB200J)

PDF(2.77 MB)
SNSで送る
トップページへ