icon_s

超耐熱合金旋削加工用コーテッド超硬材種

mv90005_ttl_gl.png

mv90005_main_gl.png

超耐熱合金加工の切削速度と
寿命の常識を“超”える

特長

進化した耐摩耗性

新開発Al-Richコーティング技術の採用により、高いAl含有比率と高い硬さを兼ね備える(Al,Ti)N膜を採用し、硬さに加え耐酸化性も大幅に向上させたことで、超耐熱合金の高速加工においても、極めて優れる耐摩耗性を実現しました。

mv90005_01_gl.png

新開発Al-Rich(アルミリッチ)コーティング

アルミチタンナイトライド(Al,Ti)Nはアルミとチタンの複合化合物であり、非常に硬く熱に
強い性質を持つことから、切削工具用のコーティング層として幅広く使用されてきました。

(Al,Ti)NはAl含有比率を増加させることで皮膜硬さが増しますが、従来技術ではAl含
有比率が60%以上になると結晶構造に変化が生じ、皮膜硬さが低下していました。

独自技術による新しいコーティングプロセスにより、Al含有比率を高めても結晶構造が変化しない
Al-Richコーティングを開発し、高いAl含有比率と高い皮膜硬さを実現しました。

mv90005_02_gl.png

切削性能

Inconel718 耐摩耗性比較

優れた耐摩耗性を発揮し、寿命延長を実現します。

mv90005_03_ja.png

Inconel718 高速切削加工 耐摩耗性比較

耐熱合金の高速切削において、優れた耐摩耗性を発揮し、加工能率を向上させます。

mv90005_04_ja.png

Rene41 耐摩耗性比較

800℃以上の高温環境で使用される耐熱合金においても、優れた耐摩耗性を発揮します。

mv90005_05_ja.png

SNSで送る
お問い合わせ/サポート
メールマガジン
Youtube
ツーリングエクスプレス
環境調和製品紹介
リサイクルシステム
トップページへ