AXDシリーズ

icon_n
icon_s
icon_shiage
icon_middle
icon_rough

アルミニウム合金・難削材加工用カッタ

axd_tit_gl.png

axd_main_gl.png

高速・高能率切削のために

独自技術により高速・高能率・高精度な加工を実現します。

特長

さまざまな加工形態に対応

高いランピング性能を有し、あらゆる加工形態に対応可能です。

axd_01_ja.png

耐遠心力構造

高剛性ダブルスクリュークランプ機構の採用により、
高速回転時の遠心力によるインサートのせり出しを防止し、安定した加工を実現しました。

axd_02_ja.png

高速回転対応

ダブルAFI機構

高剛性ダブルスクリュークランプ機構と三菱独自のインサート飛散防止機構(ダブルAFI機構)の採用により、高速加工への対応を実現しました。

高バランス精度

高速回転時の振動の抑制のために、全型番、ホルダ単体で回転速度10000min-1において、バランス精度G6.3(釣り合い良さ:ISO1940)となっています。(ホルダ単体=インサート、クランプねじを装着しない状態)

材種の特長

axd_04_ja.png

Al-Ti-Cr-N系積層コーティング MP6100/MP9100

axd_05_ja.png

DLCコーティング LC15TF

超微粒超硬合金TF15と圧倒的な耐溶着性を発揮するDLCコーティングの組合せで、
アルミニウム合金加工における仕上げ面精度の向上、インサートすくい面への溶着抑制など
高品位・安定加工を実現する材種です。ウエット加工はもちろんドライ加工も可能です。

axd_06_ja.png

TF15

耐摩耗性・耐欠損性に優れた超微粒超硬合金です。
アルミニウム合金の高能率加工にて安定した切削を約束します。
また、すくい面の特殊鏡面処理にて耐溶着性も良好です。

GMブレーカ/GLブレーカ

axd_07_ja.png

AXD4000 インサート選定方法

切削条件および加工環境によりインサートの選定が必要となります。下記を目安に選定下さい。
安定した切削条件には、切れ味のよいGLブレーカを第一推奨とします。

刃送りと切込み切削領域からの選定

axd_08_ja.png

切削幅と切込み切削領域からの選定

axd_09_ja.png

アルミニウム合金では、第一推奨としてGLブレーカをお使いください。
送りや切込みが大きくなるなどの負荷のかかる条件の場合GMブレーカを推奨します。

刃先からの選定

axd_10_ja.png

耐摩耗性からの選定

axd_11_ja.png

AXDシリーズの使い分け

機械の出力や切込み量に合わせて使用ホルダを選択ください。

axd_12_ja.png

技術資料

高壁面精度

独自な高精度ねじれ刃インサートの採用で、高品位な壁面加工が可能です。

axd_13_ja.png

低抵抗形インサート

ねじれ逃げ面を採用し、逃げ角の最適化を図ることにより、切れ刃強度を下げることなく、すくい角の大きい低抵抗刃形を実現しました。また、凸切れ刃とすることにより、優れた切りくず排出性を示しています。

axd_14_ja.png

仕上げ面比較
送りマークが低減され、仕上げ面向上

axd_15_ja.png

Ti-6Al-4Vの切削性能
高負荷切削条件でも安定した寿命

axd_16_ja.png

切削性能

アルミニウム合金鋳物Si 9%での切削

刃先強化&PVDコーティングにより寿命2.3倍

axd_17_ja.png

使用例

axd_18_ja.png

SNSで送る
お問い合わせ/サポート
メールマガジン
Youtube
MIRACLE Σ
ツーリングエクスプレス
リサイクルシステム
トップページへ