小型マシニングセンター(BT30)による『医療部品』と『時計ケース』のトータルツーリング事例動画のご紹介

2022年3月23日

近年、カーボンニュートラルへに取り組みのひとつとして消費電力削除可能な主軸BT30番のマシニングセンターが注目され、当社も切削工具の性能向上で「加工能率向上」「工具寿命向上」によるカーボンニュートラルへの取り組みを行っております。

今回は、ブラザー工業株式会社とのコラボレーションによる高能率加工事例をご紹介致します。

使用工具としては、難削材加工で高い評価を得ておりますSMART MIRACLEエンドミルシリーズをはじめ超硬ソリッドドリル等によるトータルツーリングにより高品位&高能率加工を実現しました。

医療部品:Bone Plate(Ti-6Al-4V)

精密機器:時計ケース(SUS304)


今後も主軸BT30番のマシニングセンターを活動した様々トータルツーリングとアプリケーションをご紹介致します。

SNSで送る
トップページへ