RIGIBORE社製仕上げ加工用小径ボーリングユニット スマートボアナノ(Smartbore Nano)の取扱いを開始

2016年6月17日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:鶴巻二三男 住所:東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館11階)は、英国リジボア社(RIGIBORE® 本社・工場:英国・コーンウォール州)にて製造している仕上げ加工用小径ボーリングユニット「スマートボアナノ(Smartbore Nano)」の販売を開始することといたしました。

 仕上げ加工用小径ボーリングユニット「Smartbore Nano」は、偏心スリーブおよびボーリングバーを組み合わせることで、加工直径5~16mmのボーリング加工に対応可能です。

 専用のアジャスターを使用することにより、工具直径を1ミクロン単位で調整することができ、公差要求の厳しい、精密な穴のボーリング加工に最適なユニットです。

仕上げ加工用小径ボーリングユニット「Smartbore Nano」の主な特長は、以下の通りです。

1. 偏心スリーブおよびボーリングバーを組み合わせることで、加工直径5.0-16.0mmに対応

2. 直径1ミクロン単位の精密調整が可能

3. スマートボアアジャスターにより機上での工具径調整が可能

4. 常時与圧をかけた調整機構のため、調整前後に都度の解放・固定作業が不要

5. 動バランス調整のためのウエイトを内蔵

6. 電源、ディスプレイなどの電子機器はすべてアジャスターに内蔵され、加工時は過酷な環境から隔離 - 高い信頼性

7. アジャスターは複数のボーリングヘッドに使用でき、低コスト

詳細内容は下記PDFをご覧ください。

RIGIBORE® 高精度仕上げボーリング加工用工具(52ページ)(2.09 MB)

SNSで送る
トップページへ