“ISO13399”に準拠した 「切削工具データ提供」を開始します。

2015年4月1日

当社は切削工具の製品情報、データベース構築方法やCADデータ作成に係わる規定など、全世界の切削工具を同一のパラメータで定義付け、システム間の情報通信をスムースにおこなうことを目的とした世界標準 “ISO13399” への取組みを開始しました。

その第一弾として、今春発刊予定の総合カタログ:C007Jより「コンピュータで解明できる切削工具の表現と交換に関する国際規格」に準じた寸法記号(シンボル)を一部に採用し、“ISO13399”に準拠した「切削工具データ提供」に向けた準備を進めております。

“ISO13399”の概要説明や、寸法記号に関する従来内容との相違例、記号の意味等を下記および総合カタログ巻頭ペ-ジに記載させていただきましたので、ご利用前にご確認くださるようお願い申し上げます。

詳細は下記PDFファイルをご覧ください

“ISO13399”概要説明PDF (4ページ)(364.55 KB)

SNSで送る
トップページへ