鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6125」に148型番を追加販売

2021年3月31日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6125」に148型番を追加し、3月31日より販売開始することと致しました。

  鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6125」は鋼旋削加工の第一推奨材種として連続から断続まで幅広い加工に対応した工具材種です。従来から持っていた技術を改良することにより、安定性と耐摩耗性を飛躍的に高めています。
 近年、加工効率の向上を求めるユーザーの増加や、工作機械の高性能化により、切削速度向上が求められています。また、自動車部品をはじめ強度の高い材料の使用が増えており、これらの加工に対応するための高い耐摩耗性を有する切削工具の需要が増加しています。
一方で、高い耐摩耗性を有する切削工具では一般的に欠けが生じやすく、加工数が安定しないという課題があり、欠損に強い、刃先安定性のある工具が求められています。
 そこで、三菱マテリアルでは従来の切削方法はもちろんのこと、高速加工に対応可能でかつ高い刃先安定性を発揮する鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種として、「MC6125」を開発し、販売することにしました。

鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6125」の主な特長は、以下の通りです。

1. “Superナノテクスチャーテクノロジー”で緻密かつ均一に結晶を成長させることにより、高い耐摩耗性を発揮。

2. コーティングの付着強度を向上させる新しい結合相“Super TOUGH-Grip”テクノロジーにより、密着力が向上し、コーティング剥離を抑制。

3. コーティング層の引っ張り応力を緩和することにより、刃先不安定加工時の衝撃による亀裂進展を抑制。 「MC6125」は従来品に対して残留引っ張り応力を80%低減。

品名 鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6125」 148アイテム
販売開始時期 2021年3月31日
標準価格
(代表型番)
CNMG120404-LP MC6125 940円(税込み価格  1,034円)
SNMG190612 MC6125 2,640円(税込み価格  2,904円)
TNMG220408-MA MC6125 1,440円(税込み価格  1,584円)

製品特長はこちら


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ