チタン合金加工用カッタ「ASPXシリーズ」にHSK一体形を追加発売

2021年10月1日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、チタン合金加工用カッタ「ASPXシリーズ」にHSK一体形を追加し10月1日より販売開始することと致しました。

 チタン合金加工用カッタ「ASPXシリーズ」は難削材であるチタン合金を高能率で加工する刃先交換式のミーリングカッタです。制振設計+低切削抵抗により、安定した高能率加工を可能にします。

  航空機のランディングギア部品や構造部品には、加工が難しいチタン合金が多く使用されており、また、部品自体も大きいため、切削加工による切りくず除去量が多く、複合加工機による高能率加工の需要が増加しており、専用の高能率加工工具が求められております。

 このたび、三菱マテリアルではこのニーズに応えるため、新たに高能率切削が可能なチタン合金加工用カッタ「ASPXシリーズ」にHSK一体形を開発、発売することとしました

チタン合金加工用カッタ「ASPXシリーズ」HSK一体形の主な特長は、以下の通りです。

1. 高剛性なHSKシステムと一体形にすることにより、最大切り込み量を大きくすることを実現。

2. 最新切削理論に基づいて算出した、最適な不等分割の各段インサート配列により、びびり振動を抑制。

3. クーラントをコントロールして、インサート切れ刃すくい面へ流すことで、切りくずを効率良く排出。

4. インサートは大きなすくい角とチタン合金加工に最適な刃先処理で、低切削抵抗でかつ耐欠損性に優れる。

5. インサート材種には「MP9140」を採用。耐欠損性に優れた超硬合金母材と耐溶着性に優れた被膜を持つ。

品名 チタン合金加工用カッタ「ASPXシリーズ」HSK一体形
本体 2アイテム
発売開始時期 2021年10月1日
標準価格
ASPX4R0805H100A127SA 680,000円(税込み価格  748,000円)
ASPX4R0805H125A127SA 820,000円(税込み価格  902,000円)

製品特長はこちら

詳細内容は下記PDFをご覧ください。

TOOL NEWS B238J(8ページ)(1.52 MB)


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ