刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ「WSF406W」を発売

2021年8月2日

三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ「WSF406W」を2021年8月2日より販売開始することと致しました。

  刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ「WSF406W」は、低抵抗インサートと刃先振れ調整機能により、良質な加工面と生産性を実現します。

  従来の鋳鉄加工用カッタは刃先のコバ欠けを防止するために、ネガインサートのように刃先が強いものが使用されてきましたが、エンジンのシリンダーブロックや機械のベッド加工など、比較的大きな鋳鉄の被削材に対して、良質な加工面と生産性が要求されるようになってきました。刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ「WSF406W」は、低抵抗インサートにより加工熱による被削材の変形を抑え、刃先振れ調整機構により安定した品質で加工可能です。

刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ「WSF406W」の主な特長は、以下の通りです。

1. 独自開発「両面Z形状」インサートは従来ポジ・ネガインサートの特長を融合し、ネガ(両面)インサートながら低抵抗かつ切れ味の良さを実現。

2. コストパフォーマンスの良いM級精度インサートでありながら、正面振れ0.010mm以下の刃先調整が可能で、幅広い切込み量や送り量に対してRa1.6μm以下を実現。

3. インサートコーナ部をC面形状にすることで、被削材のコバに厚みを持たせ、強度を高くすることで、クラック発生を抑制。

品名 刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ「WSF406W」
ホルダ 12アイテム インサート 2アイテム 部品 2アイテム
販売開始時期 2021年8月2日
標準価格
(代表型番)
WSF406WR08006CN 111,000円(税込み価格 122,100円)
WSF406WR25032KN 597,000円(税込み価格 656,700円)
SNMU1206C05ZNER-M MC520 1,600円(税込み価格 1,760円)
SNMU1206C05ZNER-M MV1020 2,000円(税込み価格 2,200円)

製品特長はこちら

詳細内容は下記PDFをご覧ください。

TOOL NEWS B265J(12page)(1.49 MB)


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ