超耐熱合金旋削加工用コーテッド超硬材種「MV9005」発売

2021年1月15日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、超耐熱合金旋削加工用コーテッド超硬材種「MV9005」を、2021年1月15日に発売することと致しました。

  航空機産業で使用されるNi基耐熱合金の加工において、コーテッド超硬インサートは中仕上げ領域を中心に幅広く使用されており、大きな部品を1コーナーで加工する工具寿命が求められています。
 超耐熱合金旋削加工用コーテッド超硬材種「MV9005」は、新開発Al-Richコーティング技術により、高いAl含有比率と高い被膜硬さを兼ね備える(Al,Ti)N膜を採用し、硬さに加え、耐酸化性も大幅に向上させたことで、耐熱合金の高速加工においても極めて優れる耐摩耗性を実現させたインサート材種です。
 このたび、ISOインサート型番を中心に52型番を、発売致します。

超耐熱合金旋削加工用コーテッド超硬材種「MV9005」の主な特長は、以下の通りです。

1. Ni基耐熱合金の高速切削において、優れた耐摩耗性により、加工能率を向上。

2. 独自技術による新しいコーティングプロセスにより、Al含有比率を高めても結晶構造が変化しないAl-Richコーティングを開発し、高いAl含有比率と高い被膜硬さを実現。

3. ブレーカ形状は「LS」「MS」「RS」を中心に補完ブレーカとして「MA」など多彩なラインナップ。

品名 超耐熱合金旋削加工用コーテッド超硬材種「MV9005」インサート   52アイテム
発売開始時期 2021年1月15日
標準価格
(代表型番)
RCMT0602M0 MV9005 810円(税込み価格 891円)
VNMG160402-LS MV9005 1,790円(税込み価格 1,969円)
CNMG190616-RS MV9005 3,300円(税込み価格 3,630円)

製品特長はこちら

TOOL NEWS B271J(16ページ)(1.08 MB)


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ