“PCD一体焼結形ソリッドエンドミル”受注開始

2020年12月9日

三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、独自開発のPCD(多結晶焼結ダイヤモンド)素材を活用したソリッドエンドミルの受注を12月9日から受付開始することと致しました。

  PCD工具は、セラミック(SiC,Al2O3,ジルコニア)、MMC(金属基複合材料)、CFRP、アルミ合金(高Si含有)、グラファイト、銅合金など非鉄金属、非金属加工用に“直刃ろう付けタイプ”が実用化されていますが、従来のろう付けタイプの工具では、複雑形状を付与することが難しいため、性能面でも多くの制約がありました。
 このたび、三菱マテリアルが独自開発した“PCD一体焼結形ソリッドエンドミル”はPCDと超硬ボディの一体焼結により、超硬ソリッドエンドミルと同様、自由度の高い刃立てが可能になり、各非鉄金属、非金属の『長寿命』・『高能率』といった工具性能を飛躍的に向上させます。

PCD一体焼結形ソリッドエンドミル(多結晶焼結ダイヤモンド)の主な特長は、以下の通りです。

1. 各種形状(スクエア、ラジアス、ボール)をラインナップ。

2. 2枚刃から超多刃、ねじれ角などの設計を用途に応じてフレキシブルに対応可能。

品名 PCD一体焼結形ソリッドエンドミル
対応形状 スクエアエンドミル  ラジアスエンドミル  ボールエンドミル
製作可能範囲 Φ2からΦ6
発売開始時期 2020年12月9日
価格 都度見積もり

製品詳細はこちら

TOOL NEWS B254J (4ページ)(623.81 KB)


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ