鋳鉄旋削加工用PVDコーテッドCBN材種“BC5110”を発売

2020年4月15日

三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、鋳鉄旋削加工用PVDコーテッドCBN材種“BC5110”を4月15日より販売開始することと致しました。

 鋳鉄旋削加工用PVDコーテッドCBN材種“BC5110”は高靭性CBN母材に耐摩耗性の高いコーティング膜を採用することで、耐摩耗性と耐チッピング性を両立した新材種です。ねずみ鋳鉄の低速連続加工において抜群の耐摩耗性を発揮し、チッピングを抑えることで高い面品位を実現します。

鋳鉄旋削加工用PVDコーテッドCBN材種“BC5110”の主な特長は、以下の通りです。

1.高いcBN含有量と微粒cBNを採用することで、従来品と比較して刃先の耐チッピング性が大幅に向上し、長寿命・安定加工を実現。

2.高硬度のセラミックコーティングを採用することで、ねずみ鋳鉄の低速連続加工で優れた耐摩耗性を発揮。また、境界摩耗を抑制し、優れた面粗さも実現。

3.CBN母材との付着力を高めたことにより、コーティングの剥離やチッピングを抑制。

品名 鋳鉄旋削加工用PVDコーテッドCBN材種“BC5110”
49アイテム
発売開始時期 2020年4月15日
標準価格
(代表型番)
NP-CNGA120408FS2 5,810円 (税込み価格  6,391円)
NP-TPGB110304FS3 7,470円 (税込み価格  8,217円)
NP-SPGN120412GS2 5,220円 (税込み価格  5,742円)

製品特長はこちら

詳細内容は下記TOOL NEWSをご覧ください。

TOOL NEWS B234J(8ページ)(915.02 KB)


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ