多機能形ショルダカッタ「APX3000」に深切り込み用カッタボディを追加

2018年5月7日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:中村伸一 住所:東京都千代田区大手町)は、多機能形ショルダカッタ「APX3000」に深切り込み用カッタボディを追加し、販売開始することと致しました。

 多機能形ショルダカッタ「APX3000」は、切削シミュレーション技術を用いたインサート形状により、ランピング加工をはじめとした、3次元加工に対応することで、さまざまな加工形態を可能にした多機能工具です。

 このたび、外周刃に複数のインサートを配列した深切り込み用カッタボディを発売し、使用用途の拡大を図ります。

多機能形ショルダカッタ「APX3000」深切り込み用カッタボディの主な特長は、以下の通りです。

1. カッタボディのバックメタル量が大きく、高い剛性を実現。

2. 大きなすくい角により、切削加工時の熱発生を低減。

3. 外周刃に複数のインサートを配列することにより、シャンクタイプは28 - 55mmの切り込み量を実現。

品名 多機能形ショルダカッタ「APX3000」深切り込み用カッタボディ
型番 シャンクタイプΦ20 - 40mm 9アイテム
アーバタイプ Φ40、50mm 2アイテム
発売開始時期 2018年5月7日
標準価格
(代表型番)
APX3KR2004SN20S028A 90,900円(税込価格  98,172円)
APX3KR4018SA42M055A 164,000円(税込価格 177,120円)
APX3K-050A20A046RA 196,000円(税込価格 211,680円)

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B055J(28ページ)(2.99 MB)


■製品画像ページから画像をダウンロードすることができます。
こちらをクリックするとジャンプします。

※ご利用の際は、サイトポリシーをご参照ください。

SNSで送る
トップページへ