アルミニウム合金製インペラ加工用 超硬テーパ刃ボールエンドミル「C4LATB」を発売

2016年10月20日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニ-(カンパニ-プレジデント:鶴巻二三男 住所:東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館11階)は、アルミニウム合金製インペラ加工用超硬テーパ刃ボールエンドミル「C4LATB」を10月20日に販売開始することと致しました。

 自動車などの冷却部品に使用されるインペラ(羽根車)は複雑な形状をしており、軽量化に向けて採用されているアルミニウム合金製は、切りくずの詰まりや折損を発生しやすいことから高能率加工が課題の一つでした。
 このたび、耐折損性を向上させた高剛性のテーパ刃ボールエンドミル「C4LATB」を発売開始します。

アルミニウム合金製インペラ加工用超硬テーパ刃ボールエンドミル「C4LATB」の主な特長は、以下の通りです。

1. ボール2枚刃、外周4枚刃仕様により、良好な切りくず排出と工具剛性を両立。

2. 従来品と比較し、高切り込み高送りの高能率加工が可能。

3. 特殊品(規格品以外の特殊形状、コーティング)に幅広く対応可能。

品名
アルミニウム合金製インペラ加工用超硬テーパ刃ボールエンドミル「C4LATB」
型番
0.5R~2R 4型番
発売開始時期 2016年10月20日
標準価格 17,500円~19,400円
(代表型番) C4LATBR050T040AP20
17,500円 (税込価格 18,900円)
C4LATBR100T040AP20
15,000円 (税込価格 16,200円)
C4LATBR150T040AP20
16,200円 (税込価格 17,496円)
C4LATBR200T040AP30
19,400円 (税込価格 20,952円)

         ※特殊品については都度ご相談に応じさせていただきます。

製品特長はこちら

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B248J(4ページ)(765.31 KB)

SNSで送る
トップページへ