低抵抗両面インサート式汎用正面削りフライス「WSX445」用ワイパーインサートを追加

2015年10月15日

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:鶴巻二三男 住所:東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館11階)は、低抵抗両面インサート式汎用正面削りフライス「WSX445」用ワイパーインサートに鋳鉄加工用CVDコーテッド超硬材種「MC5020」を追加し、販売開始することといたしました。

WSX445

 低抵抗両面インサート式汎用正面削りフライス「WSX445」は、三次元形状インサートの生産技術が向上しネガティブインサートによる正面フライスが市場浸透している中、ポジティブインサートとネガティブインサートの特長を融合させ、両面(4コーナ×2)使用できる経済性と従来成し得なかった低抵抗を実現させた正面フライスです。
 ワイパーインサートは普通インサートより長いさらい刃を設け、複数インサートで加工し発生した段差を削ることにより平滑に仕上げる効果で、仕上げ面の向上に役立ちます。

鋳鉄加工用CVDコーテッド超硬材種「MC5020」のワイパーインサートの主な特長は、以下の通りです。

1. ネガティブインサートにより1コーナ×両面の2コーナ使用可能。

2. 優れた耐摩耗性に加えて、ダクタイル鋳鉄の加工時に発生しやすい熱亀裂やチッピングを抑制し、長寿命を実現。

3. 極めて平滑な表面により、溶着チッピングなどの異常損傷を抑制。

製品情報

品名 低抵抗両面インサート式汎用正面削りフライス「WSX445」ワイパーインサート
型番 1型番
発売開始時期 2015年10月15日
標準価格 WNGU1406ANEN8C-M (MC5020) 2,300円(税込価格 2,484円)

製品特長はこちら

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B220J (12ページ)(2.24 MB)

SNSで送る
トップページへ