鋳鉄旋削用インサートシリーズを発売

2013年11月15日

 三菱マテリアルツールズ株式会社(社長:滝沢俊夫 住所:東京都墨田区横網1丁目6番1号)は、三菱マテリアル株式会社が開発、製造する鋳鉄旋削用インサートシリーズを販売開始することと致しました。

 優れた耐久性と振動吸収特性を有する鋳鉄は、工作機械の筐体や、輸送用・農業用機械部品などさまざまな分野で用いられており、生産性の向上が強く求められています。
 特に、CVDコーテッド超硬材種には、高速加工における工具の耐摩耗性および耐欠損性の向上に対する要求が一層強まっております。
 “鋳鉄旋削加工用CVDコーテッド超硬材種”「MC5005」「MC5015」は、当社独自の新技術であるナノテクスチャーテクノロジー(1)とタフグリップテクノロジー(2)により耐摩耗性・耐欠損性を大幅に向上しており、鋳鉄の高速高能率加工を実現致します。

“鋳鉄旋削加工用CVDコーテッド超硬材種”「MC5005」「MC5015」の主な特長は以下の通りです。

1.新技術である“ナノテクスチャーテクノロジー”と“タフグリップテクノロジー”の相乗効果により高強度微細化なCVDコーテッド膜を形成し、鋳鉄の高速高能率加工において優れた耐摩耗性を実現。


2.”鋳鉄旋削加工用CVDコーテッド超硬材種”「MC5005」は“世界一の超厚膜Al2O3”を採用。切削速度600m/minの普通鋳鉄における連続加工においてセラミックスを凌ぐ高耐摩耗性を発揮。


3.”鋳鉄旋削加工用CVDコーテッド超硬材種”「MC5015」は耐摩耗性と刃先強度のバランスに優れる汎用材種。FCD700のような高硬度ダクタイル鋳鉄の断続加工において耐欠損性に優れた高強靭性材種。


4.”鋳鉄加工の軽切削領域に最適化されたLKブレーカ、中切削領域に最適化されたMKブレーカ、荒切削領域に最適化されたRKブレーカを商品化。幅広い鋳鉄の加工形態に適合。

追加規格

<用語説明>

(1)ナノテクスチャーテクノロジー:
コーテッド膜を形成する粒子を従来より非常に微細な粒子に制御する技術。CVDコーテッド膜の強度が向上し、耐摩耗性と耐欠損性に優れる。
(2)タフグリップテクノロジー:
CVDコーテッド膜の層間の密着度を非常に強化した技術。層間剥離の発生を抑制する。


品名/型番
"鋳鉄旋削用インサートシリーズ;274アイテム
発売開始時期
2013年11月15日
標準価格
690~2,310円
(代表型番)
CNMG120408-RK MC5005 850円(税込み 893円)
DNMG150408-MK MC5015 1,180円(税込み 1,239円)

製品特長はこちら

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B209J (16ページ)(1.66 MB)

SNSで送る
トップページへ