”スクリューオン式汎用正面フライス”ASX445シリーズ PVDコーテッド超硬6材種を追加

2013年11月15日

三菱マテリアルツールズ株式会社(社長:滝沢俊夫 住所:東京都墨田区横網1丁目6番1号)は、三菱マテリアル株式会社が開発、製造する刃先交換式の“スクリューオン式汎用正面フライス”ASX445シリーズインサートにPVDコ-テッド超硬材種「MP6120」「MP6130」「MP7130」「MP7140」「MP9120」「MP9130」の6材種を追加、販売することと致しました。

“スクリューオン式汎用正面フライス”ASX445シリーズは、一般切削用カッタとして、ご好評を頂いております。この度、ASX445シリーズ用インサートに鋼転削加工用に最適化したPVDコーテッド超硬材種「MP6120」「MP6130」、ステンレス鋼転削加工に最適化したPVDコーテッド超硬材種「MP7130」「MP7140」と耐熱合金・チタン合金などの難削材転削加工用に最適化したPVDコーテッド超硬材種「MP9120」「MP9130」を追加、販売を開始することと致しました。被削材に最適化された材種追加によりそれぞれの被削材において安定した加工を実現します。

PVDコーテッド超硬材種「MP6120」「MP6130」「MP7130」「MP7140」「MP9120」「MP9130」の主な特長は以下の通りです。

1.耐摩耗性・耐熱性・耐溶着性に優れる Al-Ti-Cr-N系積層コーティングを採用。

2.新PVDコーティング技術TOUGH-Σ Technologyの適用により、転削加工時に起こりがちな熱亀裂の進展を抑制し、耐欠損性を大幅に向上。

3.PVDコーテッド超硬材種「MP6120」「MP6130」の最表層には、鋼に対し低摩擦係数であるAlCr系コートを採用。鋼転削加工において優れた耐溶着性を発揮。

4.PVDコーテッド超硬材種「MP7130」「MP7140」の最表層には、ステンレス鋼に対し低摩擦係数であるTi系コートを採用。ステンレス鋼転削加工において優れた耐溶着性を発揮。

5.PVDコーテッド超硬材種「MP9120」「MP9130」の最表層には、耐熱合金・チタン合金に対し低摩擦係数である Cr系コートを採用。耐熱合金・チタン合金の転削加工において優れた耐溶着性を発揮。

6.JL,JM,JHブレーカに今回の新PVDコーテッド超硬材種全てを規格化。

追加規格

品名/型番
“スクリューオン式汎用正面フライス”ASX445シリーズ用インサート
鋼転削加工用PVDコーテッド超硬材種「MP6120」「MP6130」 ;5型番
ステンレス鋼転削加工用PVDコーテッド超硬材種「MP7130」「MP7140」 ;6型番
難削材転削加工用PVDコーテッド超硬材種「MP9120」「MP9130」 ;5型番
発売開始時期
2013年11月15日
標準価格
970~1,200円
(代表型番)
SEMT13T3AGSN-JH(MP6120) 970円(税込み1,019円)
SEET13T3AGEN-JL(MP7130) 1,200円(税込み1,260円)
SEMT13T3AGSN-JM(MP9130) 970円(税込み1,019円)

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B017J (16ページ)(1.78 MB)

SNSで送る
トップページへ