"チタン合金加工用カッタ"VFXシリーズに「VFX5」「VFX6」用LSインサート/「VFX5」へ3フルートホルダを追加

2012年11月1日

 三菱マテリアルツールズ株式会社(社長:滝沢俊夫 住所:東京都墨田区横網1丁目6番1号)は、三菱マテリアル株式会社が開発、製造する"チタン合金加工用カッタ"VFXシリーズに「VFX5」「VFX6」用のLSインサートと「VFX5」に3フルートホルダを販売開始することと致しました。

 航空機産業分野等で多用されているチタン合金は、熱伝導率が低く工具刃先に加工熱が集中するため工具寿命が短く、また溶着による切りくずのかみ込みやチッピングが発生しやすい加工困難な被削材としてよく知られています。当社はこの問題に対し、低切削抵抗・高剛性・優れた冷却性能を有する"チタン合金加工用カッタ"VFXシリーズ「VFX5」「VFX6」を商品化し、高い評価をいただいております。

 この度、「VFX5」「VFX6」に溝加工用LSインサートと「VFX5」に外径 50mmの3フルートホルダを追加発売することとなりました。

"チタン合金加工用カッタ"VFXシリーズ「VFX5」「VFX6」用LSインサートの主な特長は以下の通りです。

1.切りくずをコンパクトに生成しながら、切削抵抗の上昇を抑制する独自の切れ刃形状を採用し、切削幅が大きな加工時の切りくず排出性を向上。

2.耐摩耗性と耐欠損性のバランスに優れた新開発専用強靭超硬合金母材と、耐熱性と耐摩耗性に優れた新開発Al-Ti-Cr-N系積層コーティングとの組み合わせにより、Ti合金加工時の工具寿命を向上した新PVDコーテッド超硬材種「MP9130」を採用。さらに、Ti合金に対し耐溶着性を高め、チッピング等の突発損傷を抑制。

"チタン合金加工用カッタ"VFXシリーズ「VFX5」3フルートホルダの主な特長は以下の通りです。

1.切りくずポケットを最大化し、さらにサブポケットを設けたことにより切削幅が大きい加工時の切りくず排出性を向上。

2.LSインサートとの組み合わせにより切りくずボリュームが大きい溝切削加工において工具の寿命延長を実現。

追加規格

品名/型番
チタン合金加工用カッタVFXシリーズ「VFX6」/LSインサート;1型番
チタン合金加工用カッタVFXシリーズ「VFX5」/LSインサート;1型番
チタン合金加工用カッタVFXシリーズ「VFX5」3フルートホルダ(外径φ50mm);2型番
発売開始時期
2012年11月1日
標準価格
XNMU160708R-LS(VFX5用)2,000円(税込み2,100円)
XNMU190912R-LS(VFX6用)2,500円(税込み2,650円)
VFX5-050X03A026R(最大切込み量26mm)112,000円(税込み117,600円)
VFX5-050X03A038R(最大切込み量38mm)133,000円(税込み139,650円)

製品特長はこちら

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B182J (12ページ)(1.97 MB)

SNSで送る
トップページへ