切れ刃強化形鋳鉄肩削りカッタ「VOX400」 シリーズに超多刃ホルダとPVDコーテッド超硬材種「VP15TF」を追加発売

2012年10月1日

 三菱マテリアルツールズ株式会社(社長:滝沢俊夫 住所:東京都墨田区横網1丁目6番1号)は、三菱マテリアル株式会社が開発、製造する"刃先交換式の切れ刃強化形鋳鉄肩削りカッタ"の「VOX400」シリーズに超多刃ホルダ13アイテムとインサート2アイテムを追加、販売開始することと致しました。

 切れ刃強化形鋳鉄肩削りカッタ「VOX400」シリーズは独創的な縦置きインサートを採用することにより、鋳鉄加工において高能率な荒加工を実現し高い評価をいただいております。今回、さらにご要望の多かった超多刃ホルダとPVDコーテッド超硬材種「VP15TF」を追加しより幅広い加工用途に対応できるようになります。

切れ刃強化形鋳鉄肩削りカッタ「VOX400」シリーズとPVDコーテッド超硬材種「VP15TF」の主な特長は以下の通りです。

1.切れ刃径φ63mmからφ250mmまでの7サイズの超多刃ホルダ(M/M規格)および、切れ刃径φ80mmからφ250mmまでの6サイズの超多刃ホルダ(M/I規格)を規格化。

2.これまでのCVDコーテッド超硬材種「MC5020」に加え、PVDコーテッド超硬材種「VP15TF」を規格化。不安定・低剛性切削やWET条件など既存のCVDコーテッド超硬材種「MC5020」で困難であった切削加工を実現。

3.インサートを縦置きに配置し、主分力を厚み方向で受けることで極めて高い剛性を実現。またホルダの側面方向からのインサートクランプにより着脱時の操作性が良好。

4.凸曲線切れ刃とねじれ逃げ面を採用した独創的なインサート形状により、良好な切れ味と驚異的な耐欠損性を両立。

5.全8コーナが使用可能、高い経済性を実現。

6.2012年11月に待望のワイパーインサートを規格化。ワイパーインサート使用により良好な仕上げ面を実現。

追加規格

品名/型番
切れ刃強化形鋳鉄肩削りカッタ/
超多刃ホルダM/M規格;7型番
超多刃ホルダM/I規格;6型番
PVDコーテッド超硬材種「VP15TF」インサート;1型番
PVDコーテッド超硬材種「VP15TF」ワイパーインサート;1型番(11月発売予定)
発売開始時期
2012年10月1日
標準価格
(代表型番)
VOX400-080A10R(M/M規格) 100,000円(税込み105,000円)
VOX400R25034K(M/I規格) 343,000円(税込み360,150円)
SONX1206PER(VP15TF) 2,400円(税込み2,520円)
WOEX1206PER5C(VP15TF) 2,820円(税込み2,961円)(11月発売予定)

製品特長はこちら

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B183J (8ページ)(1.12 MB)

SNSで送る
トップページへ