インパクトミラクル制振ラジアスエンドミル「VF-MHVRB」およびエムスターハイパワーラジアスエンドミル「MSMHDRB」サイズ追加

2012年1月5日

三菱マテリアルツールズ株式会社(社長:滝沢俊夫 住所:東京都墨田区横網1丁目6番1号)は、三菱マテリアル株式会社が開発、製造する難削材加工に適した"インパクトミラクル制振ラジアスエンドミル"「VF-MHVRB」と"エムスターハイパワーラジアスエンドミル"「MSMHDRB」に新たなサイズを追加、販売開始することと致しました。

 ジェットエンジン、発電機のタービンブレード、航空機機体の補強部等、軽量で高い強度や高い耐熱性が必要な部品には、ステンレス鋼、チタン合金、耐熱合金、といった、難削材が多用されています。これらのワークは、大きな隅R形状で設計されていることが多く、機械加工において大径で大きなコーナRを持った専用のラジアスエンドミルが必要とされています。当社は、異なるねじれ角を複合させた不等リード形状を持つ"インパクトミラクル制振ラジアスエンドミル"と、切削抵抗を低減させた独自の断面形状を持つ"エムスターハイパワーラジアスエンドミル"の2つのシリーズにおいて、ニーズが高い5mmおよび6.35mmの大きな隅R形状の加工に対応するため、φ16とφ20の大径サイズを追加致します。

「VF-MHVRB/MSMHDRB」の主な特長は、以下の通りです。

1.びびりが生じやすい薄肉形状部品や、工具寿命が問題となる耐熱合金に対する高付加価値加工が可能な"インパクトミラクル難削材加工用制振エンドミルシリーズ"と、汎用性の高い"エムスターエンドミルシリーズ"の2つのシリーズより選択が可能です。

2.それぞれのシリーズで、φ16×R5、φ20×R5およびR6.35の3型番を標準在庫として追加することにより、お客様のご要望にタイムリーに対応いたします。

3.切れ味に優れたコーナR形状を採用したラジアスエンドミルであり、難削材の高能率加工が可能です。

追加規格

シリーズ名称
インパクトミラクル制振ラジアスエンドミルシリーズ
エムスターハイパワーラジアスエンドミルシリーズ
品名/型番
インパクトミラクル制振ラジアスエンドミル/VF-MHVRB;3型番
エムスターハイパワーラジアスエンドミル/MSMHDRB;3型番
(何れも4枚刃)
発売開始時期
2012年1月5日
販売目標
1,000万円/初年度
標準価格
(型番)
VFMHVRBD1600R500 65,620円(税込み 68,900円)
MSMHDRBD1600R500 41,330円(税込み 43,400円)

詳細内容は下記TOOLS NEWSをご覧ください。

TOOLS NEWS B193J (2ページ)(450.17 KB)

SNSで送る
トップページへ