ABOUT US

東南アジアにおける技術サポートの拠点

タイ加工技術センター

自動車産業をはじめ、さまざまな産業で工場・施設の進出が進むタイ。その地で、よりスピーディで高品質な技術サービスを提供するために設立された、タイ加工技術センターをご紹介します。

タイにおける産業の心臓部で、より迅速で丁寧なサービスを

斉藤 貴宣 MMC Hardmetal (Thailand) Co., Ltd. Technical Director / GM Engineering Center

 三菱マテリアル加工事業カンパニーでは、全世界のお客様に対し、より迅速で丁寧なサポートを行うために、技術サービスのローカル化を推進しています。タイ加工技術センターは、オセアニア地域を中心に近隣諸国のお客様へタイムリーな技術的ソリューションを提供するため、2014年12月に設立されました。より確かなサービスを提供するため、そこから約1年間の準備期間を経て、2015年1月に開業しました。以来、切削技術講習会、切削試験、製品講習会、切削レポート、その他調査報告書など、多岐にわたるサービスを提供しております。当加工技術センターの最大の特徴は、タイ自動車産業の“ヘソ”とも言えるアマタナコン工業団地に拠点を構えていることにあります。タイ最大級の工業団地であるこの地は、大小問わず、さまざまなお客様が訪問しやすく、気軽に技術相談をしていただけるのが強みであり、スピーディなサポートの提供につながっています。現在は、開業約1年にして約84社のお客様への技術サポートを提供しています。

教育プログラムをはじめ、お客様のパートナーとして全面的に支援する

 英語はもちろん、タイ語による切削技術教育のプログラムも完備し、定期的に開催するスクールや新製品のデモ加工を通じて、弊社製品へのご理解や、性能を十二分に使いこなしていただけるような情報提供も積極的に推進しています。教育に対するニーズは非常に高く、お客様によっては、弊社の切削技術教育プログラムを社内の教育システムに組み込んでいただいたケースもあります。
 今後も、“日本と同じクオリティの技術サービスの提供”を主眼として、お客様からいつでも頼りにされる加工技術センターとして、お客様とともにさらなる発展を目指していきます。

abo_thailand_02.png

よりお客様の現場に近い支援を提供したい

 私はタイの国立大学であるタマサート大学で電子情報通信工学を学んだ後、2014年にMMCハードメタル(タイ)に入社しました。そこで1 ヶ月半にわたるツーリング・テクノロジーにおける社内研修を受けた後、日本の加工技術センターで約2ヶ月間にも及ぶ、実地研修を受けました。今振り返れば、そこでの経験は“日本と同じクオリティの技術サービスの提供”という点でも非常に重要なスキルアップにつながり、今の私をカタチづくる最も大切な期間だったと言えます。
 タイ加工技術センターへの配属後は、日本で得た知識を活かし、チームメンバーたちとともに機器や施設のセットアップに参加。現在では、CNC旋盤のメインオペレーター、マシニングセンタのサブオペレーターをはじめ、国内外のお客様に対するセミナー、研修、切削実演など、さまざまな業務を担当しています。その中でも特に重要な役割として、現地タイの販売スタッフのトラブルシューティング、機械加工テストの実施、技術レポートの作成など、よりお客様の現場に近い場所での支援に注力しています。
 今後も、現在のお客様はもちろん、これから出会う将来のお客様に、より高水準のサービスとソリューションを提供できるよう、世界中の加工技術センターと連携しながら、さらなる進歩を続けていきます。

Napatpol Artharamas MMC Hardmetal (Thailand) Co., Ltd. Technical Engineer

タイ加工技術センターのソリューションサービス

abo_thailand_04_ja.png
トップページへ