ABOUT US

加工技術センター

三菱マテリアルの知と技術を結集!

2010年4月、日本の埼玉県さいたま市に設立された加工技術センター。三菱マテリアルのソリューション開発・提供基地である加工技術センターの現場をレポートする。

お客様サービス向上のために

センター長に聞く! 世界のテクニカルセンターと連携し、究極のお客様サービスを目指す 開発本部 加工技術センター センター長 山田 雅人

加工技術センター設立の検討が始まったのは2008年。お客様サービスの向上を図るには工具の開発というハード面だけではなく、切削工具・切削加工に関するソリューションの充実などソフト面のさらなる強化が必要でした。そこで三菱マテリアルが持てる知と技術を結集し、ソリューションの開発・提供を総合的に行うセンターを設立することになったのです。加工技術センターは2年間の準備期間を経て、2010年4月に設立。以来、切削試験やCAMを活用した独創的な加工プログラム提案、電話相談、講習会、技術サービスなど、多岐にわたるソリューションをお客様に提供してきました。現在では月間約2,000件の電話相談をいただくようになり、技術サービスでは約230社のお客様を定期訪問させていただいています。加工技術センターの強みは、開発や生産技術、営業など各現場で活躍してきた多様な人材がそろっていること。それぞれの高い知識と技術を共有することで、ソリューションの開発・提案力をレベルアップさせています。また、大学や研究機関、工作機械メーカーなど外部との連携(オープンイノベーション)によるさらなるソリューション提供力向上、お客様ごとのニーズに応えるオンリーユーソリューションの提供にも注力してまいります。ここまで提供できるユニークな集団は、業界でも類を見ないのではないでしょうか。

お客様に信頼される技術者集団になる

加工技術センターではお客様のあらゆるニーズに対応するため、2016年末までにマシニングセンタや複合加工機を倍増する計画です。また、新たな工具・加工技術の開発も推進していきます。そのため、2015年4月から独創工具開発チームを新設し、お客様がワクワクするような夢のある工具・加工技術開発に取り組んでいます。当社では日本の加工技術センターをはじめ、アメリカやスペイン、中国、タイにテクニカルセンターを設置しており、ドイツや南米、インドなどにも立ち上げる予定です。今後は日本の加工技術センターが中心となって各国のテクニカルセンターの連携を強化し、例えばアメリカのお客様が夕方に現地のテクニカルセンターに切削試験を依頼したら、それを中国のテクニカルセンターが対応し、翌朝にはお客様に結果を報告できるといった究極のサービスを提供できたらと考えています。お客様に寄り添い、信頼される技術者集団となるために、これからもスタッフ一丸となって取り組んでいきます。

技術でお客様をサポートする

社員に聞く! プロとしてのスキルを高め、あらゆる相談にお応えできる存在に 開発本部 加工技術センター 荒木 洋平

入社から8年ほど営業に携わり、2011年から加工技術センターに所属しています。現在は切削試験チームで、お客様からご依頼いただいた切削試験を行っています。当チームには機械操作だけでなく、CAMによる加工プログラミングなどさまざまなスキルが求められるため、異動当初は非常に苦労しましたが、その分幅広い業務を一人でカバーできるようになりました。私が一番大切にしているのは、常にお客様の立場になって業務を行うこと。切削試験を依頼される背景には必ずお客様の要望や困り事があり、それは加工時間の短縮や加工精度の向上、工具の寿命延長などさまざまです。お客様一人ひとりの立場になり、そのお客様が何を望んでおられるかを的確に把握し、ご満足いただける切削試験を行いたいと思っています。また、スピーディーな仕事を意識し、立会試験では即日結果報告書を提出することを目標にしています。お客様に対してはもちろんですが、営業経験者として営業の気持ちが分かるからこそ、1日でも早く報告書を仕上げて営業の後方支援ができればと考えています。今後は私たち自身のスキルをさらに高め、社内外から頼りにされる加工技術センターになりたいと思っています。「三菱マテリアルに相談すれば、なんとかしてくれる」とお客様に信頼いただけるよう、これからも全力で業務にあたります。切削工具や切削加工についてお困り事がございましたら、ぜひ三菱マテリアルにお気軽にご相談ください。

進化を続ける加工技術センターの多彩なソリューション

1. 切削試験や加工プログラム提案など、加工ソリューションのさらなる拡充

2. 電話相談や技術研修など、お客様サービスの向上

3. 講習会など、より分かりやすい製品情報の提供

世界に展開するテクニカルセンター

加工技術センター日本(さいたま) 東南アジアテクニカルセンタータイ(バンコク) 中国テクニカルセンター中国(天津) 欧州テクニカルセンタースペイン(バレンシア) 北米テクニカルセンター米国(シカゴ)
SNSで送る
トップページへ