EDITORIAL

常に一歩先を見てものづくりを進化させ続けたい

 MMCマガジン「YOUR GLOBAL CRAFTSMAN STUDIO」の第7号をご覧いただき、誠にありがとうございます。今回のテーマは「医療分野での我々の取り組み」です。自動車、航空機、金型に続く、重要なマーケットとして、我々はこの数年間取り組みを続けて参りましたが、まだまだ不十分な点が多いと思います。これをご覧になり、 さらなるご支援をいただければ幸いです。

 さて、昨年来、品質問題ではお客様に多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありません。現在、会社総力を挙げて、信頼回復に向けた活動をしております。

 我々切削工具事業におきましても、品質面では日頃から、お叱りをいただいたり、ご指導・ご鞭撻を頂戴したりしている状況でありますので、以前にも増して、品質の向上に努めて参る所存です。

 IT技術の拡大や産業活動のグローバル化を契機にして、製造業を取り巻く環境は著しく変化しております。技術の進展や人口動態の変化からも、我々のビジネスのあり方そのものを問いただされているようにも感じます。このように環境が変化する中でも、お客様から頼られる存在となり、お客様の悩みに対する解決手段を提供し続ける方法は、「お客様の総合工具工房」を当社が目指すというブランドコンセプトを維持し続けることであると考えております。また、そのためにも、安全、品質といった、事業インフラを維持し向上させることが最重要であると考えております。

 その事業インフラの維持・向上を実現するために、常に一歩先を見て行動し、革新的なテーマを掲げて生産技術・ものづくり力の向上に挑戦し続けております。これからも、知恵と創意工夫でものづくりを進化させ続けたいと考えています。

 当社超硬製品事業では、7,000名を超える従業員が国内外で従事しています。お客様と直接対面する従業員は限られていますが、全員が「お客様の総合工具工房になる」というブランドコンセプトの精神から、お客様満足度重視の姿勢を取り続けています。それを製品やサービスを通じて表現したいと考えております。

 挑戦し続ける総合工具工房、三菱マテリアルにご期待ください。

三菱マテリアル株式会社
加工事業カンパニー
バイスプレジデント兼製造本部長

村上 靖典

トップページへ