EDITORIAL

ようこそ、三菱マテリアルのワクワクの世界へ!

 空(航空機:創刊号)、地上(自動車:第2号)に続き今回は人(医療)の世界へ皆さまをご招待します。航空機と自動車は人の空間移動の自由度やスピードを大きく変え、私たちの社会や生活に大きな変革をもたらしました。そして近年、著しい進展を見せているものの一つが医療です。前者と比べ工具メーカーとは縁が浅い分野と思われていましたが、さまざまな医療用技術・機器の進歩と医療用新素材の開発・実用化により、この分野においても私たちの工具が活躍し貢献できる場が広がってきました。このような医療分野においても、私たちはお客様ごとの新たな課題にお応えできるプロフェッショナルとなることを目指しており、その一端を本誌でご紹介します。

 さて、前記の各分野いずれにおいてもその進展の背景には、各種の革新的技術の開発やそれら技術を製品へ応用する商品開発、製品を安定した品質で量産する生産技術の開発など、さまざまな開発の積み重ねがあります。私たちの工具もその起源は工作機械と同じ古代エジプトまで遡ることができますが、その後の長きにわたる工具形状や材料、そして工作機械や加工技術の開発・改良を経て技術が確立されてきました。切削条件を飛躍的に向上させた工具材料である超硬合金は、1926年に実用化されてから約90年が経ちますが、まだまだその進化は止まらず、最近では医療用新素材向けの新材種の開発にも精力的に取り組んでいます。本誌ではこのような超硬合金の歴史と開発秘話、そして最新技術についてもご紹介していますのでそちらもご一読ください。

 昨年後半より、お客様との技術交流会やセミナーなどで私たちの開発の取り組みについてお話しする機会を増やしています。そこでは、私たちの開発の方針や将来計画、開発途上の製品情報など、従来は社外にお話ししていない内容もご説明しています。本誌を含めさまざまな形で開発情報をはじめとする各種の最新技術情報や私たちの思い、そしてワクワクを積極的に発信し、「お客様の身近な存在」に少しでも近づければとの思いを込めての試みです。今後もさらに活発な情報発信と相互コミュニケーションの向上に取り組んでいきたいと考えています。皆さまからのさまざまなご意見やご感想、そしてご要望をお待ちしております。それら「お客様の声」に基づき、より多くのユニークな新製品や世界初の新技術、お客様ごとのソリューションとサービスを開発・実用化し、これまで以上のワクワクをより多くのお客様にお届けしたいと思います。そしてそれらの開発・実用化にあたっては、お客様とともに考え、創り、壁(課題)を突き破ることでそれを実現し、ワクワクと感動を共有したいと考えています。

 私たちは、冒頭の言葉がふさわしい総合工具工房になることを目指して、熱い心と思いを込めて日々挑戦し続けます。三菱マテリアルの変化と挑戦にご期待ください。

開発本部長 博士(工学)

長田 晃

トップページへ