プレゼンテーションのご紹介


小型自動旋盤による自動車部品加工

CAMの有効活用とフルツーリングによる完全自動化

自動旋盤により完全自動化された部品加工の実例と、ダイヤエッジの切削工具によるフルツーリングを紹介いたします。

jimtof2018_pre1.png

小物部品の加工では、自動旋盤が多く使われています。自動旋盤はワークの装填から全加工工程を1台で自動化できる複合加工機です。近年、より高い生産性が求められるのと同時に、複雑化する部品の加工に対応するため、自動旋盤は多機能化が進んでおり、旋削加工だけではなく、穴あけやエンドミルを使った複雑な加工が可能になっています。

本ステージでは、こういった自動旋盤のトレンドを背景に、切りくず処理の改善、加工品位を向上させる、切れ味を持った工具の紹介をして参ります。

複合加工機・小型マシニングセンタによる自動車部品加工

多様化への対応と高能率加工

CAMを活用した複合加工機の加工実例と、BT30主軸を持つ小型マシニングセンタに適した切削工具を紹介いたします。

jimtof2018_pre2.png

近年、自動車製造業を筆頭に、生産現場では、より高い生産性が求められるのと同時に、複雑化する部品の加工に対応するため、工作機械の多機能化が進んでいます。

それと同時に、設備投資を削減するため、生産ライン変更時のフレキシビリティが求められるようになり、工作機械の小型化が進んでいます。

本ステージでは、多様化への対応と高能率加工をキーワードに最新の切削工具を紹介して参ります。

航空機部品加工における切削加工トレンド

5軸マシニングセンタに対応した専用工具の紹介

5軸マシニングセンタを使った加工実例とそれに対応した切削工具を紹介いたします。

jimtof2018_pre3.png

ジェット旅客機の部品数は約300〜600万点と言われ、特に構造部品の多くは切削加工によって製作されています。軽くて強い材料が多用され、ジェットエンジンには高温・高圧の燃焼に耐える特殊な合金が使われています。今、これらの部品を高能率、高精度、高品位に加工するためには、各々の材料に特化した切削工具が必要不可欠となっています。

本ステージでは、5軸マシニングセンターを使った複雑加工とその加工に特化した最適工具を紹介して参ります。

小型自動旋盤による医療部品加工

複合化する自動旋盤と難削材の加工

難削材が多い医療部品加工において、その実例とダイヤエッジの切削工具によるフルツーリングを紹介いたします。

jimtof2018_pre4.png

代替再生医療機器は、医療技術の進歩に伴い、注目を集める成長産業です。これらの機器には、チタン合金やステンレス鋼などといった材料が多く使われています。ここに取り上げた機器は切削加工によって、高精度に加工されるものが多く、それに伴い、高機能な切削工具の要求も高まっています。

本ステージでは、自動旋盤を使った難削材加工について、最適な加工ソリューションと切削工具を紹介して参ります。

三菱マテリアルの解析ソリューション

切削シミュレーション、解析、CAMを活用した切削加工事例

解析シミュレーションをを使って、お客様の切削加工における問題点の把握と解決策をご提案する実例を紹介いたします。

jimtof2018_pre5.png

解析技術や解析ソフトウェアの進化により、切削加工の現場においても、実加工を伴わない事前の評価・シミュレーションが可能になってきました。

本ステージでは、切削抵抗解析や構造解析などの手法を使って、問題点を把握し、実際に改善ソリューションを提案した事例を紹介して参ります。

SNSで送る
トップページへ